×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

危険な子供の頭痛を解消しましょう。

子供の頭痛、腰痛、肩こり

子供の頭痛、肩こり、腰痛について説明します。今、どんどん便利になり、物があふれる世界になりました。どんどん便利になると、健康な人が増える、病気が少なくなると多くの人は考えるでしょう。しかし実際は逆で頭痛、肩こり、腰痛で悩んでいる人が圧倒的に増加しています。それと同時に、同じようにの子供の頭痛、肩こり、腰痛も圧倒的に増加しています。子供の頭痛、肩こり、腰痛の症状は生活習慣に問題があります。子供の頭痛、肩こり、腰痛を含め、病気は普段の生活を見直すだけでほとんどのものは防げます。特に子供の頃に習慣づいたものはなかなか直すことが難しくなってきます。何事も最初が肝心です。子供の体は親が守るのです。子供の頭痛、肩こり、腰痛は注意信号です。

原因別の対処法

食事の際の噛む回数が少ない

子供の子供の頭痛、肩こりと噛む回数には大きな関係があります。幼い頃から軟らかい物ばかり食べていると噛む回数が少なくあごが発達しません。特に下あごはよく噛む子とあまり噛まない子では骨の大きさに約3割もの違いが出てきます。一方で歯の成長は噛む回数に関係ないので、噛む回数の少ない子は歯の生える隙間が狭くなり、歯並びが悪くなります。

→その結果食事の際に片側だけで噛むようになります。

→よく噛む方の頬の筋肉が緊張し、硬くなり、筋肉が釣り合いをとるために頭の後ろの筋肉に緊張が起こります。

→子供の頭痛、肩こりが起こる。

 

対処法

子供の頭痛、肩こりを防ぐには、和食は他と比べてもよく噛んで食べる傾向にあります。子供の頭痛、肩こりを予防するために、少しでも食事に和食を出すように心がけましょう。治療においても歯の噛み合わせを治すと同時に顎関節の位置を整えることが必要です。子供の頭痛、肩こりのことは専門医の先生に一度相談しましょう。

 

肩かけ鞄

子供は身体の筋力が弱いため肩かけ鞄を肩のかけるとバランスをとるために反対側に身体が傾きます。身体が傾いている姿勢では背骨の1つ1つの傾いている側は常に圧迫され、反対側は伸びています。この姿勢では左右の骨端の成長度に違いがでるため、徐々に背骨が曲がって成長します。その結果背中に痛みが生じます。これがS字側わん症と呼ばれるものです。最初は背中の痛みですが、徐々に腰痛や疲れやすさなど違う症状も出てきます。子供の頭痛、腰痛、肩こりの原因に十分なります。

 

対処法

出来るだけ子供にはリュックを持たせましょう。また強い筋肉をバランスよくつける事でゆがみにくい身体になります。適度な運動を行うように心がけましょう。特に女の子は筋力が弱く、運動量が少なくなりがちなので気をつけましょう。何度もいいますが、子供の頭痛、肩こり、腰痛は普段の生活習慣が大切です。

 

身体が硬い

身体が硬いと、しなやかで大きな動きが出来ない上に、特定の関節や筋肉、じん帯、椎間板などに負担がかかり、痛みの原因となります。ここでは太腿の裏の筋肉が硬い場合の話をします。この筋肉が硬いと腰関節の動きが必要以上に大きくなり、不安定な状態になります。腰が不安定なので上半身が支えられなくなり、防御反応によって腰の筋肉を硬くすることで安定させようとします。この腰関節が不安定なこと、腰の筋肉が硬くなること両方が原因となり腰痛が起きます。太腿の裏が硬い理由として、靴があっていないことが挙げられます。大きな靴を履いていても、小さな靴を履いていても靴の中で指を曲げている状態になります。そのため常に膝が曲がっている状態で歩いています。これが続くと太腿の裏の筋肉が硬くなります。

 

対処法

子供の靴の選び方には十分気をつけましょう。あっていない靴は子供の頭痛、腰痛、肩こりの原因となります。子供の足の骨格は6歳までにほぼ決まってしまいます。小学生にマジックテープの靴を履かしている人も多いようですが、靴の中で足が踊ってしまう可能性のある不安定な靴なので、かかとの骨が安定せず、アキレス腱が痛くなってしまう可能性があります。指先1〜1.5cmぐらい余裕を持ったひもの靴を、しっかり結んではきましょう。またストレッチも有効です。足を伸ばして座るときに後ろに手をついてしまう人は要注意です。

 

 

今書いたのは生活習慣によって引き起こされる子供の頭痛、腰痛、肩こりの原因と対処法です。もちろんのこと、子供の頭痛、腰痛、肩こりの原因はこれ以外にもたくさんあります。おかしいと思ったら一度近くのお医者さんに見てもらうようにしましょう。子供の頭痛、肩こり、腰痛は体からのサインです。

現在の子供たち

現在の子供は目に見えて昔の子供よりも運動量が少なくなっている傾向にあります。子供の頭痛、肩こり、腰痛の増加の大きな原因にもなっています。体格の面で言えば昔よりも平均身長も伸びていますが、体力面は弱くなっているようです。その原因はTVゲームの普及や空き地などの減少にあるといわれています。そういうときこそ学校で運動する時間を増やせばいいものですが、その時間も減少しています。その結果子供の頭痛、肩こり、腰痛など様々な障害が起きています。上で紹介したもの以外にも子供も外反母趾なども増加し、その結果体のゆがみや自律神経がみだれて体がだるいなどの症状が現れます。体が基本です。体が丈夫ならば何でも頑張れますが、体が不安定ならなにもすることはできません。子供は外で遊ぶことが重要です。最後にもう1度言いますが、子供の頭痛、肩こり、腰痛な体からのサインです。

リンク集